毎年行っている棚経では両親の冥福と共に今年の西日本豪雨災害の被災者の冥福をお祈りしました

一年が経つのは実に早いものです。今年も8月に入ると夏の甲子園大会、広島の原爆記念日それにお盆と終戦記念日など一年前と同じ行事が繰り返して行われています。私の家でも毎年この季節には、菩提寺のご住職に実家へ出向いて頂き仏壇での「棚経」をお願いしています。この行事もついこの前にして頂いたばかりという感じがしてなりません。普段は誰も住んでいない実家へ出掛けて行って、盆提灯を出し仏壇の掃除をして花や飾りの果物かごを供えるのです。両親の仏壇の前での祈りには、今年7月の西日本豪雨の被害で沢山の方が亡くなられたことに対して鎮魂の祈りを捧げました。また、断水により日常生活が困難であったことそれに災害により物流が滞り欲しい商品が入手困難であったことなど本当に2度と繰り返して欲しくないことなども心から祈りました。まだまだこれから当分の間は30℃を超える猛暑の日が続くことでしょう。近くにある海水浴場では子供たちの遊ぶ元気な声がしています。この暑い夏休みの季節が子どたちに最高の思い出となることを祈りたいと思います。キレイモ 予約