日本の住宅ローンは割とアメリカとは違うことが多い

日本の住宅ローンというのは住宅は担保になっているということは間違いないことではあるのですが、もし、支払いができなくなった場合に住宅を手放せばそれで良いのかと言うとそれだけではなく、残債というものが出てくることになります。ちなみにアメリカの場合などは住宅以上に債務が残るということはないということになっています。つまりは、住宅をそのまま渡すことによって、少なくとも住宅でお金を借りたという部分に関しては返済したということになってくれるという契約が殆どです。もちろん、これは契約次第であるといえるでしょう。最近ではフラット35というのがあり、かなり借りやすくなっています。これはかなり長く借りることができるようになります。これを固定の金利で借りることができるようになっています。素晴らしい金融サービスであると言えるでしょう。非常に良いサービスではあります。しかし、固定金利というのは下がることもないということになりますから、これはリスキーでもあります。脇毛 脱毛